taku007
taku007
+
kojimblr:

Ito Ono,大野いと
+
sokmil:

愛人スイートルーム2 玉名みら玉名みらプレステージ
+
licoricewall:


佐々木希 (Nozomi Sasaki): Oggi
+
"「明るくて元気な人」という求人があるなら「物静かで冷静な人」という求人があってもいいはず。"
Twitter / よだか (via hanemimi) (via jacony) (via vmconverter) (via gkojax) (via gkojay) (via usaginobike) (via kamaboko) (via valvallow) (via atm09td) (via rokuroku) (via yellowblog) (via oryzae) (via zephyr7501) (via babo-0319)
+

Sonatine, 1993
+
+
+
sheissosexy:

Amazon: 秋山莉奈 アイラブオシリーナ-ノスタルジア- [DVD]: 秋山莉奈 アイラブオシリーナ-ノスタルジア- [DVD]
+
"タモリは、「自分」とは何かというところから説き始める。
たとえば「会社の課長」「芸能人」「妻がいて子供が二人いる」「友達が何人いる」といった、現時点での 自分自身の“状況”を横軸とし、「親は医者」「家系」「叔父が不動産業界にいる」「子供が東大生」など、自分の周囲の人間が持つ“事実”を縦軸とする、と。
この横軸と縦軸が交差したものが「自分」であるとタモリは言う。

「そうすると、自分というのは一体何か、絶対的な自分とは何か、っていうと、わかんなくなってくるわけですね。それだけこういう、あやふやなものの中で自分が成り立っている」

そんな「自分」を成り立たせている横軸も縦軸も「余分なもの」であり、それを切り離した状態を、タモリは便宜上「実存のゼロ地点」と名付けた。
そしてタモリは「人間とは精神である。精神とは自由である。自由とは不安である」というキルケゴールの言葉を引用し、それを解説していく。
「自分で何かを規定し、決定し、意義付け、存在していかなければならないのが人間」であり、それが「自由」であるとすれば、そこには「不安」が伴うと。
この不安をなくすためには「自由」を誰かに預けたほうがいい、と人間は考える。タモリは言う。

「人間は、私に言わせれば『不自由になりたがっている』んですね」"
『タモリ学 タモリにとって「タモリ」とは何か?』 第1章 試し読み | Matogrosso (via nyappaweb)
+
halopulo:

真野のハロー、ラスト1公演です。福岡の皆様、最後まで宜しくお願いします! Photo - マネ ティ | Lockerz
+
kaifineart:

Guy Billout…
+
"その整形手術の結果について漫画家・西原理恵子からは、「高須先生の顔は世界最高水準の医療を使って数十億円かけたのに、浅香光代みたいになった」と評された。"
高須克弥 - Wikipedia (via otsune)
+
error888:

[may]トラウマスレ
+
cosplaygirl:

Motoko Kusanagi | Flickr - Photo Sharing!
+